2017年04月07日

アンダンテ西荻教育研究所は15周年を迎えました!

みなさまご無沙汰しています。昨年は、年間わずか3回の更新という体たらく。
アンダンテ西荻教育研究所とアンダンテプリモ、そして保育園を結んだ三角地帯を自転車で行ったり来たりしているはるえもん。スタバでノートパソコンに向かう時間というのが、まったくとれません。。。

そんなこんなしている間に、アンダンテプリモは無事1周年、そしてなんと
アンダンテ西荻教育研究所は15周年を迎えることができました。
2歳児から高校生まで、幅広い年代のお子さん方と過ごす中で、本当にたくさんのことを学ばせていただいています。そしてこれからも、スタッフとともに、保護者の皆様とご一緒に、お子様の成長をサポートしたいと思います。

以下、今月のコラムです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●15年前、アンダンテは西荻窪駅南口から徒歩数分の小さな部屋でスタートしました。まだ片手で数えるほどしか生徒さんがいなかったので、誰もいない時間帯の教室は、ちょっぴり寂しく、そして不安になるほどヒマで、膨大な空き時間に細々と教材を作っていたことを思い出します。部屋の入り口では、ぬいぐるみのクマ「はるえもん」がお子さんたちの来所を待っていました。
●開業から5年目の春、教室を今の場所に移転しました。このときは、生徒さんたちと地域の方がボランティアで引越し作業を手伝ってくださいました。教科書や教材をリュックに詰め込んでここまで運んできてくれたお子さんたちも、高校卒業という年齢になりました。感慨深いです。当時、机や椅子、本棚など、今教室にある備品の多くも保護者の方からご寄付いただきました。お金のない小さな教室がここまでやってこられたのも、たくさんの人に支えられてのことだと改めて感じています。
●時を経るにつれて生徒さんの数が増え、スタッフの数が増え、仕事が増え、昨年は桃井にアンダンテ・プリモもオープンし、今ではいつも時間に追われている感があります。ぬいぐるみのはるえもんは、相変わらず教室の一角でお子さん方の様子を眺めていますが、私はなかなかすべての生徒さんのすべての授業を傍で見守ることができない状況になってしまいました。それでも担当スタッフから話を聞いたり、授業記録のファイルをめくってみたり、生徒さんの学習の様子や成長のプロセスを垣間見ることで、小さな喜びを感じています。
●これからも、皆様とともに一歩一歩前進しながら、一人ひとりの学びを支える場としての役割を果たすよう努力してまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よろしければ、応援の1クリックをお願いします!

にほんブログ村
posted by はるえもん at 17:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする