「あなたが選んで・・・」

早いもので、もう来年のカレンダーや手帳が店頭に並ぶ季節になりました。 「今年中に」と思っていること、いくつこなせるか、ラストスパートをかけたいと思います。 さて、今月の通信コラムより ●急な冷え込みが続いた10月、息子のタンスに長袖が一枚もないことに気付き、あわててユニクロに走りました。子ども服売り場をうろうろしていると、お母さんと娘さんらしき二人組が目に入りました。 ●小学校低学年くらいのその女の子は、服を選ぶことにあまり興味はないようで、陳列棚を横目に、ウロウロ往復しているだけ。そんな娘さんにお母さんは苛立ちを隠せない様子で、「ねぇ、早く決めてちょうだい。どれがいいの?」と言いながら後を追います。女の子は、どの服がいいのかなんてどうでもいいのか、お母さんの言葉が耳に入らないのか、ガン無視。「もーっ、ねぇ! 何色がいいの? ママは紺がいいと思うけど、でも着るのはあなたなんだから、あなたが選んで。ねぇ、どうするの? どれっ?」・・・お母さんの語調がヒートアップしてきて、そろそろやばいと思ったのでしょう。とうとう女の子が、「これ」と、白いフリースを指差しました。 ●やれやれ、ようやく母娘に平和が・・・と思った瞬間、そのお母さんの一言「いやー、白はやめなさいよ、汚れるから~」。娘さん、ムッとしつつも気を取り直し、「じゃ、これ」と、別のフリースをさすと、「ええー、紫だけは勘弁してちょうだい。趣味悪いから。さっきママ、ピンク譲ったでしょ。ね、おねがい、白と紫以外で。どれがいい?」…笑いを…

続きを読む