2011年03月07日

30年変わらぬ卒業文集の書式が、注意集中や読み書きの苦手な子にどれほど困難か。

先日、6年生のAくんが「先生、今日はこれをやる」とカバンから出したのは

卒業文集の原稿。下書きを清書用の紙に写すという作業が学校で終わらず、家でやってくることになっているらしい。

今日は「正負の数の減法」の予習をやるつもりで準備してたのにぃ。。。と、がっかりする私に「明日までに出さないと、ぼく卒業できないんだ」と訴えます。

あぁ、私が最後の砦なのね・・・、とAくんの切羽詰まった心境が伝わってきました。

想像してみてください。

A4の半分(=A5)のスペースに、約800字の原稿を収める、という卒業文集の書式。つまり、新聞の活字を一回り大きくしたぐらいのサイズの字で、マスに埋めていかなければならない。しかも清書用の紙は、あれ、なんていう用紙ですかね? 印刷に写らない薄水色の線で書かれた原稿用紙。あの水色の線、見づらいんですよね。悲しいかな、老眼が入ってきた私にもつらい。

大人の私でもうんざりするような作業なワケですが、これがADHDの診断がついていて、字を書くことも人一倍苦手なAくんにとって、どれほど大変なことか・・・・6年間付き合ってきた学校の先生たち、気付かなかったのかな。それとも、Aくんが「できない」と伝えられなかったから? (後者の可能性も高い)

何より驚きなのは、これと全く同じものを、私自身が小学校6年生の時にやった、ということ。

Aくんの出した用紙を見て、思わず「昭和かっ!」と突っ込んでしまいました。

あとで3つ年上の友人に「小学校の時、こういう紙で卒業文集書かなかった?」と聞いたら、「おれ、ガリ版だった・・・」。 世代のラインがここで引かれました。

そう、これは当時、最新の印刷技術だったのですよ。ガリガリやらなくても、書いたそのままの文字が印刷できるようになった。でも、コピーはまだまだ高値だった時代。

平成になり、21世紀になり、その間に、「ぷりんとごっこ」ができ、ワープロができ、パソコンがが主流になり、家庭用プリンターも普及し、そして今やペーパーレスの時代。コピー機だって拡大縮小機能など、いろいろな機能がつき、ついにはホチキス留めまでしてくれる時代。

世の中はそれだけ進歩し、学校の先生だってパソコンでテストや学級通信作るのが当たり前の今、なぜ、30年前と同じ紙に数ミリサイズの文字を800字書かなければいけない・・・・?

子どもの頃の私は、作文が好きだったし、細かい作業も得意だった。だから、それは苦ではなかった。だけど、みんながそうというわけではないのです。

そもそも、ワーキングメモリーをフル稼働しなければならないこのような作業は、Aくんのようなタイプの子どもたちには、とても困難をきたします。 

小さなマスの中に「事」とか「夢」という字を収めるのに苦戦するAくん、はみ出ては消しゴムで消す。そのたびに他の字も消えてしまう。イライラする。爆発しそうになる。だから怖くてできない。やらない。で、できなかったから、「家でやってきなさい」と言われ、今に至っている。

彼ができなくて癇癪を起こすとしたら、それはADHDだからではなく、この作業があまりにも彼の苦手さに無配慮だからだと思うのです。

ふと頭に浮かんだのが、UDL(学びのユニバーサルデザイン)ガイドライン5の2項の解説にある、こんなくだり。

学校では、新しいリテラシーのツールよりも昔ながらのツールにこだわる傾向があちこちで見られる。この傾向には、いくつかの弊害がある。

1)生徒たちの将来に対応できない。 2)実行できる内容と教える手法の幅が限られてしまう。 そして、もっとも重大なのは、3)うまくできる生徒が限られてしまう。

「パソコンを使ったら、書くのも消すのも一瞬でできるのに」と、Aくんがつぶやきます。

「私もそう思う」と、ついつぶやき返してしまいました。

この1年半かけて、Aくんにキーボードの操作を教えてきたのに、それが全然生かせない。(学校だってパソコンの授業やってるのに)

せめて、大きな原稿用紙に書かせて、縮小コピーするとか、「今すぐできる手立て」があるにもかかわらず、薄水色のA4半分の原稿用紙を前に、その手立てを打てないジレンマ。

しかし、ここで時代遅れな用紙に愚痴っていても始まらないわけで、とにかくあと1時間余りで完成させられなければ、「アンダンテの先生なら、力を貸してくれる」と期待してくれたAくんに応えられない。。。

そこで、どんな“支援ツール”を使って対処したか、次回にご紹介します。

さらに、UDL的にはどう解決するか、そのあとに考えてみたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春の気配に誘われて、つい洋服をまとめ買い。一気に懐が痛くなったはるえもんに、応援クリックを。

↓↓↓

★この記事を面白いと思った方、当ブログを応援してくださる方は、

にほんブログ村 教育ブログへ本日も1クリックをよろしくお願いします。

【にほんブログ村 教育ブログ】へリンクし、人気ランキングの1票となります。

*当ブログ上の情報およびコンテンツの著作権は全て筆者に帰属します。
*トラックバックは歓迎♪(スパム防止のため承認制にしております。投稿後TBが反映されるまで少々お時間がかかりますのでご了承ください)

posted by はるえもん at 21:51| Comment(7) | TrackBack(0) | (旧)配慮してあげてほしいこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4月から育休明けの復帰をする教員です。


苦労して書きあげた文字もよき思い出…なのか?!
謎です。

だいたい、先生たちのお祝いの言葉は自筆もパソコンで作ってプリントアウトもOKなのに。


どうやってAくんが書きあげたか、楽しみにしています。
Posted by よーん at 2011年03月08日 09:50
うっ!うちは来年だ!作文苦手、書字苦手のうちの子は下書きすらできないかもしれません・・・。
支援ツール、楽しみです。

私は中3のとき友達の卒業文集の代筆をしたことがあります。たしか内容は、「中学校の思い出」マッチのコンサートに行ったこと・・・。代筆バレバレでも先生には何も言われませんでした。ある意味いい学校だったのか?
そんなの社会では通用しないぞ!と思いきや、社会人になってから(まだワープロが一般的でなかった時代)も、社内報の原稿の代筆をしました。男の人の原稿なのに女文字でヘンでした。
イイカゲンって案外いいことかも。
Posted by チー at 2011年03月08日 10:41
よーんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

確かに先生も、「通知表の所信欄は手書きかパソコンか」の議論を新聞で見たことがありますが、
どっちでもいいじゃない、って思うんですけどね。
復帰されたら、ぜひその子、その子に合ったやり方を後押ししてあげてください♪
Posted by はるえもん at 2011年03月08日 22:24
チーさん、こんばんは。
えぇ、記事では端折りましたが、もちろんAくんも、下書き段階から大変だったそうです~。
代筆を頼まれるくらい字がきれいって、うらやましいです。
画一的な文集ではなく、みんながそれぞれに自分の特技を生かせるような文集や卒業制作にすればいいのになぁと思います。
Posted by はるえもん at 2011年03月08日 22:32
納得です…。
方眼紙っていうんですかね?コピーしたら出ない青線の入った紙ありますよね。
総合的な学習のまとめ学習で「新聞にまとめよう」みたいなものでも多用されるのではないでしょうか…。

支援ツール、自分でも二つ考えてみました。次の時投稿させていただきますね。決して記事を読んで「ボクもそう思ったんですよ~」とやるつもりではありませんので…。

作文で書く子、手紙のように書く子、イラストで描く子、大きな字で書く子のいる文集を思い浮かべてみました。
反対側で、「そんなことしたら楽な方を選択する子どもたちがいて、テキトウな文集になってしまう」と言いそうな教師の顔が浮かんできました。
Posted by ゆーじ at 2011年03月10日 12:45
ADHDの息子の卒業文集に悩みこちらに来ました。
記事はとても参考になりましたが、つづきはこちら のリンクが広告になっていて閉口しました。
しかも「あなたのスマホはウイルスにおかされています!写真やメールが消えます!今すぐこのアプリをインストール!」という最悪なもの。
ここを見に来る人は悩んで心にダメージを受けている人が多いと思います。
何かの間違いかハッキング等でそうなっているのだとは思いますが、悪質なのですぐに対処願います。
良い記事なのにシェアすることも出来ません。
Posted by かい at 2016年12月15日 19:03
かいさん、お知らせありがとうございます。
状況確認いたしました。
旧プロバイダのリンク先が無くなった後に、非常に悪質なサイトに差し替えられているようです。
取り急ぎ、この記事のリンクは削除させていただきました。
他の記事も同様の状況になっているようで、順次対応したいと思いますが、700本以上の記事があり、確認、修正に時間を要しそうです。
皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、万が一悪質サイトのメッセージが出ても、決して表示されている連絡先等に電話・メール等しないようご注意ください。
Posted by はるえもん at 2016年12月18日 20:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック