2017年08月09日

西荻らしく

猛暑ですね。
ここ2~3年は、冷たいジュースなどは極力控え、なるべく常温の水またはお茶類を飲むように心がけているのですが、おかげで夏バテ知らずのはるえもんです。アンダンテには冷蔵庫がないので、これも幸いです。
さて、ちょっと遅くなりましたが、今月のコラムより。

●先日、古くからの知人に会いに、久しぶりに銀座に出向きました。いやあらためて驚かされるのが銀座のコーヒーの高いこと。この1杯分の値段で西荻ならランチが食べられます。もちろんこれは銀座の地価が反映されているからでしょう。味に関しては、アンダンテの隣のカフェのほうが半分の値段でずっと美味しい。
●ちなみにこの時、お酒好きの知人に手土産をと思い、西荻窪駅から徒歩数分の場所にある酒屋さんに寄りました。ここは知る人ぞ知る品ぞろえ豊富な酒屋さん。店員さんに適当に見繕ってもらった2千円もしない日本酒が、受け取った知人にえらく感激され、逆にびっくり。飲まない私は全く知らない銘柄でしたが、実は簡単には手に入らない地酒らしく、それが街の酒屋で買えるという優越感。ここが西荻の底力よね、と内心にんまり。
●そうなんです。銀座や新宿のようにいたずらに値段が跳ね上がらない一方で、コストを下げて価格で勝負する大手チェーンには嫌われる街、西荻。「美味しいものを適正価格で」というのがこの街の文化になじむようで、西荻は飲み屋もカフェもパン屋も、そんなこだわりの店が人気です。
●かつて教室を開くための部屋を探していたとき、不動産屋に言われたものです。「この商売の難しい西荻の街でいつまでもつかねー」と。おかげさまでとりあえず15年もちました。この先も、西荻らしく「良い授業を適正価格で」提供できる学習支援教室を目指してがんばっていきたいと思います。

posted by はるえもん at 18:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください