2018年03月07日

出会いの季節に、ふと思い出し。。。

あちらこちらで梅の花や、早咲きの桜が目を楽しませてくれるようになりました。
春の訪れに心躍ったのはいつ頃までだったか・・・今はこの季節になると
目がかゆいわ、鼻水が垂れるわ、やっかいな時期という認識にすっかり変わってしまいました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今月のアンダンテ通信コラムより。


●16年前の今頃だったと思います。アンダンテの立ち上げ準備をしていた私は、“市場調査”をすべく、西荻窪近辺の学習塾を外から様子をうかがってみたり、パンフレットを集めたりと“偵察”してまわっていました。
●ある塾で、「何のご用ですか?」と声をかけられてしまい、とっさに口をついて出たのが「小学生の息子の塾を探していまして・・・」(当時は花の独身でしたが)。すると、席に案内されアンケートも書かされ、「何年生ですか?」「成績はどうですか?」とあれこれ突っ込まれてしまい、腹をくくって小芝居を打つことにしました。相手はガタイの良い、声の大きい、男の先生。「えーと、4年生です」「勉強はあまり得意ではない子で、ちょっと心配で・・・」と適当に頭の中で息子像を作り上げます。
●相手は「お母さんそんなことではいけません」「これから学習が難しくなると、どんどんついていけなくなりますよ」云々云々と畳み掛けてきます。そして、「私たちに任せなさい。さぁ、今すぐ入会を。」あぁ、こうやって親の不安を煽っておいて、すかさず救いの手を差し伸べる・・・生徒集めとはこのようにするのかーと、感心したのでした。
●母親役を演じて感じたのは「こんな塾は、私は嫌だわ」ということ。お問い合わせのお電話で「体験授業がなぜ無料じゃないの?」とのお声をいただいたこともありますが、生徒集めのデモンストレーションではなく、大切な初回の指導・ご相談と位置づけています。みなさまには、アンダンテとのファーストコンタクト、どんな風に感じていただいたでしょうか? 




にほんブログ村
posted by はるえもん at 14:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

今年は・・・

2018年最初の投稿なのに、更新が遅くなってしまいました💦
今年は、「お弁当」が小さな目標です。
仕事と家事の両立が下手な私、こまめな旦那さんのサポートでかなり楽をさせてもらっているので、
今更ながら"愛妻弁当"で感謝の気持ちを・・・と思っていますが、さていつまで続くか⁈

今月のアンダンテ通信コラムは、↓↓↓こちら
●先日、「エンディングノート」を購入しました。エンディングノートとは、シニア層でちょっとしたブームの、自分の最期に備えた記録を書くノートのことで、普通は葬儀の希望を家族に伝えたり自分史などをまとめたりするようです。私の場合、不慮の出来事でもない限りは当面先の話なのでしょうが、今回買ったのは「40代からのエンディングノート」と銘打った商品で、人生の折り返し地点で、これまでの歩みを整理したり、今後の展望を書き込んだりできる年表形式のノートです。
●さて、何を書いていこうかな?まだ白紙のノートを前に、心が弾みます。最近はぜんぜん行けなくなってしまったけれど、独身の頃は一人旅が趣味でした。過去のページには、これまでに旅した国や町の思い出を書き留めていこうかしら。それとも、出会った人や影響を受けた出来事の記録がよいかしら。
●未来のページは? あの大物演歌歌手、小林幸子さんは、まだ売れていなかった頃、出たい歌番組や架空のスケジュールを手帳に書いていたそうです。その時は「夢」でも、そうやって「なりたい自分」を具体的に想像し言葉にすることで湧き出てくるパワーというのは、確かにあるのかもしれません。そして、苦しい状況に身を置いているときほど、未来を思い描く力が必要なのでしょう。
●というわけで、これから少しずつ思いついた時に、5年後の自分、10年後の自分が何をしていたいのか、希望を膨らませながら書き込んでいってみようと思います。2018年は、いってみれば自作の「人生ゲーム後半戦」の1コマめに進む感じでしょうか? 確かな一歩を踏み出したいところです。


ブログ村バナー


にほんブログ村

posted by はるえもん at 17:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

毎日笑顔で優しいママ・・・なんて無理!

今日は冷え込みますね。暮れも押し迫ってきます。
12月の通信コラムより

●毎朝9時は息子とのバトルタイム。とにかく支度が遅い息子、急かしても急かしても、ぐずぐずしたり、ミニカーで遊びだしたり。保育園にも遅刻の連続なので、イライラして怒鳴りつけてしまう日も数知れず。「もうママ知りませんっ!」と言い捨て、ドアをバンと閉めて家を出ると、息子が泣きながら追いかけてきたこともあります。
●そんな逸話を親御さんたちに話したりすると、「先生でもそんなことあるんですか?!」と驚かれますが、・・・はい、しょっちゅうあります。たとえ子どもの対応のプロだろうが、保護者の相談のプロだろうが、家に帰ればタダの親、タダの人間。家族にイラついたりぶち切れたりしては、「あぁ、やってしまった」と、あとで自己嫌悪。街なかや道端で子どもを怒鳴っている親を見ると、「そんなに怒らなくても・・・」なんて思っていた子を持つ以前の私は、いやはや、半人前でした。
●そうそう、息子の保育園で女神様のようにやさしく子どもたちに人気の保育士さんに偶然遠方の公園で遭遇したことがあるのですが、その保育士さんが自分のお子さんにめっちゃキレてるのを目撃して、なんだかホッとしたのを覚えています。そりゃぁ毎日笑顔で優しいママでいたいけど、そうは行かない時もありますよね。
●アンダンテの待合席に置いている漫画「毎日母さん」は、実は私の蔵書です。先日とうとう完結してしまいましたが、個性的な絵と毒舌が魅力の筆者西原理恵子さんの怒涛の子育てと家族の物語。その中には「子どもは天使なんかじゃない! チョー腹立つけど、すっごく面白い!」というメッセージが沁みこみます。
●というわけで、これからも自分のことは棚に上げつつ、お子さんや保護者の皆様の
お役に立てるよう邁進したいと思います。



にほんブログ村

posted by はるえもん at 18:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする