私の失敗・・・早く出てきてクリームソーダ!!!

ある自閉っ子O君とファミレスに行きました。買い物練習の一環です。お店での買い物がとても上手になったので、こんどは飲食店に挑戦、というわけです。 席に案内されて、メニューを見て、ウェイトレスのお姉さんに注文をするところまではバッチリでした。 私とO君にとっての苦行は、このあと始まりました。 ・・・・することが、ない。(これはヤバイ!) クリームソーダ一つ出すのに、何分かかっとんねん! とチラチラ時計を見る私・・・・。 しばらくは、静かに姿勢よく座っていたO君でしたが、やがて、テーブルの上の透明の筒(料理が来たら伝票を丸めて挿しておくためのもの)をクルクル回したり、コロコロ転がしたりし始めました。 何よりも「待つ」ということが苦手な自閉っ子。その程度でこらえてくれるなら、ありがたいと思いつつ、隣の席の母子のやりとりがやたら気になってしまう私です。隣のお母さんはとてもとても優しい口調でしたが、4、5歳の女の子にお行儀よく食べること、嫌いな野菜も残さず食べることを、ひっきりなしに説いていました。女の子がドリンクバーのジュースをコップに注いでその場で口をつけた時には、「お友達が見たらなんて思うと思う? 恥ずかしいでしょ!」と厳しく注意もしていました。 そんな母子を尻目に、O君のクルクル、コロコロの動きはだんだんエスカレートしていきます。なんだか・・・・「あのお兄ちゃんみたいにお行儀悪いのは恥ずかしいのよ」と無言でいわれているような気がしてしまう私。何を言われたわけでもないのに。 不用意に理不…

続きを読む