アテンション・プリ~ズ!⑤~最終回は、え?そんなこと?

「注意」機能編、とりあえずいったん最終回です。 これまでの話は↓↓↓こちらから アテンション・プリ~ズ!① アテンション・プリ~ズ!② アテンション・プリ~ズ!③ アテンション・プリ~ズ!④ 私は普段、個別学習指導をやっているので、例えば前回話題に出てきたAくんやBさんに対して「1コマの授業を15分ずつ区切って課題に飽きさせないようにする」「10問やって答え合わせとするところを、2,3問ずつ細切れに答えあわせタイムを作る」とか、「最初に5分間の<おしゃべりタイム>を確保して、頭の中をスッキリさせてから勉強に取り掛からせる」などなど、相手を見てあの手この手で対応しているわけですが 「そんなこと一人一人の子どもにやれるわけないでしょー」 というのが、学校の先生の大方のご意見、・・・・ごもっともです。 巡回相談に行っても、 「こちとら40人相手にやってますんで」的なバリアを張られていたりすると まずは、それを解除してもらうためにどう話を進めていくかが、なかなか難しいなぁと思う日々です。 で、ここまで4回にわたって、本当は一番求められているであろう「具体的な方法」には敢えて一切触れず、「注意機能がうまく働かないとはどういうことか」を理解してもらうための話にくどくどと時間を割いてきたのは、なぜかといいますと 「具体的な方法」に正解はないからです。大切なのは、 その子が「なぜ、できないのか」「何に困っているのか」を知ること。 そこを手がかりに頭を柔軟に働かせれば、日々…

続きを読む

アテンション・プリ~ズ!④~頭の中も、大忙し。

「注意」機能編第4弾です。 これまでの話は↓↓↓こちらから アテンション・プリ~ズ!① アテンション・プリ~ズ!② アテンション・プリ~ズ!③ まずは環境の見直しから、という話を前回にしましたが いくら刺激を減らしても、それだけで解決するかというと、決してそんなことはなく・・・・ そこが実際は難しいところです。 たとえば、私が個別指導で教えているAくん。 年齢を重ねるごとに、だいぶ落ち着いてきたし、集中できる時間も長くなりましたが、 それでも調子や条件の悪い日は、なかなか「注意」をうまくコントロールできなくなります。 そういう時は、机の上に筆記用具と課題だけにしても、「ねー先生、知ってる? あのねぇ・・・」「そーいえばさぁ、・・・・」と、おしゃべりがとまらない。 あぁ、そうね。目の前に座っている先生(私)自体が、刺激になっちゃってるのねん。 そこで私、「○番と○番の問題ができたら、見せてね」とAくんに指示して席を外します。 そして少し離れた場所で、しばらくAくんを観察・・・。 算数の問題に取り組むかに見えたのは、ホンのつかの間。1分後には、右手の鉛筆と左の鉛筆が何やら戦いごっこをはじめていたり、消しゴムをいじっているうちに跡形もなくボロボロになってしまったり、しまいには自分の爪の先とかかさぶたとかまで気になっちゃうみたい・・・・。 あるいは、Bさん。 彼女も、調子がいいときと悪いときの差が、大きい。 Bさんの場合、同じように少し離れて観察していると、一見…

続きを読む

アテンション・プリ~ズ!③ ~子どもを叱る前に、まずは環境を見直そう!

「注意」機能編第3弾です。初めてお越しの方は、こちら→(アテンション・プリ~ズ!①・アテンション・プリ~ズ!②)を先に読んでいただけると、話がつながります。 さて、先ほど大阪から帰ってきたところです。特別支援教育士のセミナーを受けてきました。 今回会場にスペース96さんが来ていて、・・・・となると気になって仕方ないのが、自分の本の売れ行き。休憩時間のたびに、書籍販売コーナーをウロウロする私。昨日は、いちばんスミッコのスミッコに置かれていた我が子ならぬ我が本、これじゃぁ朝日掲載の効力も働きませんて。。。(涙) 今日は昨日よりは多少目立つ場所に並んでいたから、1冊や2冊は売れたんじゃないかと期待してるんですが、いやはや、しかし・・・・ ※ピンポンパンポン♪ 今日は本の宣伝ではありません。正真正銘、学習支援の話です。  スペース96さんの書籍販売コーナー、何百、いやもしかしたら何千単位の本が並べられてるんですよ! あの中からこの本 を見つけるって・・・・そりゃ私は著者ですから、我が子ならぬ我が本の見慣れた表紙、すぐに発見しましたが、何も知らないふつうの人に、あれだけの本の洪水の中この1冊を手に取ってもらうって、至難の業ですよ?   だから間違いなく、あの場よりこのサイトの方が、この本に関しては売り上げは多いはず。なぜなら「この本に注目してもらう」には、何千冊という本の中の1冊としてよりも、ここで紹介する方がうんと効果が高いから。 でも、スペース96さんは、「この本を売る」のが商売で…

続きを読む